アーユルヴェーダについて

アーユルヴェーダは、インド・ケララ州発祥の、歴史上最も古くからある生命の科学であり、治療法です。

アーユルヴェーダは2つのサンスクリット語からできています。「アーユル(Ayru)」=「生命(Life)」、「ヴェーダ(Veda)」=「知能(Knowledge)/科学(science)」という意味です。

アーユルヴェーダの基本は3つのドーシャ(エネルギー)、「ヴァーダ(Vatha)」と「ピッタ(Pitha)」と「カパ(Kapha)」から成ります。
アーユルヴェーダの考えでは、これら3つのドーシャはあらゆる物質、皆さんの体の中にも存在しており、どの要素が優勢かによって、その人の体質や性格が決まっています。
そして、これら3つのエネルギーのバランスをとることが、健康な体と心をつくることなのです。

アーユルヴェーダは数千年前にインドの賢人ブラフマーによって創られました。
今ではアーユルヴェーダの治療法が、西洋の治療法より現代の病に適しているとして欧米諸国にも認知されてきています。

アーユルヴェーダの治療法は自然の治癒力を重視するホリスティック医学であり、様々なタイプのマッサージやオイル療法、食事、自然素材の薬を使います。

アーユルヴェーダで心と体を健康に導いてみてはいかがでしょうか?

Copyright (C) Beach&Lake All Rights Reserved